和装の前撮り☆お役立ちガイド

トップページ > 和装の前撮りについて > 和装の前撮りの特徴やメリットとは

和装の前撮りの特徴やメリットとは

近年日本では前撮りをすることが当たり前と考えている人も増えていますが、絶対に行わなくてはならないというわけではなく、前撮りするべきかで悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
前撮りは結婚式よりも前の別日に和装やウエディングドレス姿で、記念に写真を撮っておくことであり、最近では和装での前撮りに人気が集まっています。
結婚式当日にはゲストの対応に追われたりと、ゆっくり写真を撮る時間がなく、納得できる一枚がないことが多いです。
前撮りは写真撮影のみに集中できるので、納得の背景や美しいロケーションで撮影し、満足いく一枚を手にすることができます。
結婚式会場のリハーサルにもなるというのも特徴であり、ヘアメイクや衣装に慣れることもできるので、当日の予行練習としても役立ちます。


前撮りで納得できる写真を手にするためにも、準備は必須ということは頭においておくようにしましょう。
カメラマンを始めとしたスタッフとしっかりと打ち合わせをして起き、どんな写真に仕上げてもらいたいのか、希望を伝えておくことが大切です。
そのためにも、まずは希望の仕上がりや予算をある程度は決めておく必要があります。
相談や打ち合わせをした時に、希望を聞いてくれるだけではなくより良い仕上がりにするために、アドバイスや提案もしてくれる先を選んでおくと、よりクオリティの高い写真を手にすることに繋がります。
前撮りで着用する以上は、二着程度が一般的であり、数が増えればその分金銭面の負担も大きくなるので予算と相談して決めるようにしましょう。
もちろんレンタルできる衣装にも違いがあります。


前撮りの衣装はレンタルが大半ですが、中には持ち込みをすることもあります。
その場合には、持ち込みが可能なのかや持ち込み料はいくらか確認しておくようにするべきです。
持ち込むだけならば無料と考えている人もいますが、持ち込みに対して料金が発生することは珍しくはありません。
結婚式会場内の写真スタジオや、提携しているスタジオに依頼するばかりではなく、外部のお店に直接依頼することも可能となっていますが、撮影する場所や撮影の内容は関しては、お店による違いが大きいので事前に情報を集めて起き比較してから選ぶようにしましょう。
前撮りした写真を結婚式の演出として使いたい場合には、間にあわせることができるように、撮影する時期や仕上がりのタイミングもあらかじめ確認しておくようにしましょう。

次の記事へ

カテゴリー