和装の前撮り☆お役立ちガイド

トップページ > 和装の前撮りについて > 和装で前撮りをするメリットについて

和装で前撮りをするメリットについて

和装をする機会は長い人生の間でもそう頻繁にあることではなく、成人式や結婚式など、特別なシーンという人が大半ではないでしょうか。
折角なら記念となる写真をきちんと残して起きたいと考えるのと、当然のことと言えます。
しかしイベントや行事がある当日には、ゆっくり写真を撮っている暇はないケースが大半です。
特に結婚式の場合には、当日はゲストへの対応にも追われることになるので、ゆっくり二人の写真を撮る暇はありません。
そんな時に役立つのが、前撮りです。
結婚式ではウエディングドレスを着用するという人で、和装も着たいという人からも人気であり、近年では前撮りを行う人は半数以上となっています。
写真撮影にだけ集中できる時間となっているので、納得のショットを手にすることができます。


前撮りした写真は結婚式の演出の一つとして活躍することができるというのも、利点の一つではないでしょうか。
ウェルカムボードやプロフィールムービーに使うことで、式を盛り上げる役割もしてくれます。
結婚式当日にはお色直しをする人が多いですが、長時間ゲストを待たせるわけにはいかないので、ウエディングドレスから和装やその逆は難しいことが多いです。
髪型やメイクもウエディングドレスと和装では変える必要があり、式当日には困難に感じるのではないでしょうか。
その際には、和装は前撮りのみで行っておけば、当日は慌てる必要もなくなります。
当日にどうしても和装もしたいという場合でも、前撮りで一度着ておけば多少は和装に慣れておくことができるというのも、大きなメリットではないでしょうか。


前撮りはスタジオ撮影だけではなく、ロケーション撮影からも選ぶことができるというのも利点と言えます。
ロケーション撮影は海外ドラマのワンシーンのような素敵な写真に仕上げることができたり、二人の思い出の場所を撮影現場として選ぶこともできます。
スタジオ撮影とロケーション撮影の両方可能というプランもあり、料金は高くなりますが割引も大きいところが多いのでお得に感じられるのではないでしょうか。
結婚式当日にお色直しを何度もするよりも、前撮りをした方がトータル費用を安く抑えることができるというケースも多いので、金銭面の負担軽減と満足できる写真を手に入れられるという、一石二鳥の結果にすることもできます。
もちろん前撮りは必ずしなければならないわけではなく、自由度が高いのも前撮りの魅力となっています。

次の記事へ

カテゴリー