和装の前撮り☆お役立ちガイド

トップページ > 和装の前撮りについて > 和装で前撮りをするための準備や流れ

和装で前撮りをするための準備や流れ

前撮りが身近な存在になった今の時代では、多くの人が前撮りを行うという選択をするようになりました。
その中でも増えているのが、和装での前撮りです。
本番当日にはゆっくり写真を撮る時間がなかったりと、満足できる写真がないということが多いですが、前撮りならば本番とは違いゆっくり写真にだけ専念することができるので、満足できる写真を残すことができます。
一口前撮りといっても、結婚式の場合には式場のプランに組み込まれていたり、提携しているお店で撮影するということが多いですが、それ以外にも自ら撮影スタジオを選んでお願いするという方法もあります。
撮影に必要な料金は、依頼先により大きな違いがあるので、複数を比較してより納得できる先を選ぶことがポイントになるのではないでしょうか。


前撮りの場合にもどの衣装にするのかを決める必要があるので、衣装の種類が豊富な先を選んでおくべきであり、気に入ったものがある中で決めるということもできます。
数多くの衣装があり選択肢が多いも、どれを選ぶのかで悩むことになるので、あらかじめある程度の希望を決めておき、予算も考えておくと絞り込みやすくなります。
衣装は二着ほど着用するという人が多いですが、一着や三、四着でも問題はありません。
もちろん枚数が増えるほど、料金もアップしていきます。
それ以外にも、スタジオ撮影かロケーション撮影かによる違いもあります。
ロケーション撮影の方が高額になりがちですが、海外ドラマのワンシーンを思わせる素敵な仕上がりにもなりやすいので、せっかくの機会ならばロケーション撮影を選ぶのも良いのではないでしょうか。


撮影のイメージをある程度固めることができたら、実際にスタッフやカメラマンと話し合って内容を決めていくようにしましょう。
その際に注意しておかなくてはならないのは、基本のプラン内で全てが収まるのかという点です。
衣装はプランに含まれていても、ヘアメイクや小物が含まれていないというケースもあるので、あらかじめ確認しておくべきです。
もちろん、カメラマンの腕の良し悪しもチェックしておくべき点となります。
どんなに腕が良いと評判でも、センスが合わないと好みに沿った写真には仕上げてもらえないので、カメラマンと話してみるのはもちろん、フォトギャラリーをチェックしておくのも良いのではないでしょうか。
和装での前撮りは滅多に行わないことだからこそ、納得できる写真のための準備はしっかりとしておくべきです。

カテゴリー